◆賃貸物件の騒音トラブル

賃貸物件の騒音トラブル

賃貸物件の騒音トラブル 日常生活では、法律や規則を守ることはもちろんですが、マナーや思いやりも大切です。
賃貸住宅の場合、守るべきルールは賃貸契約と、マンションやアパートなどの共同住宅では入居規則などがありますが、文字通り同じ屋根の下で生活をするのに、ルールさえ守ればいいのではなく、自分がされて嫌なことを人にもしないという思いやりが人間関係を円滑にして暮らしを快適にします。
単身世帯や子供がいない共働き世帯では特に、夜勤がある仕事や早朝に出勤する人、在宅勤務で日中家にいる人など、生活のリズムは様々です。
楽器の演奏は近視や、時間帯を夜何時までと制限している場合もありますが生活音については明文化したルール化は困難です。
例えば足音でも、階下の住人からは、出した本人の想像以上の騒音に感じられることがあります。
騒音トラブルは、知らない相手の発する音ほど不快に感じるという研究データもあるので、お引越しのあいさつをするなら、隣家も大切ですが真下に位置する階下の住人に挨拶をしておくと効果的です。
それでもトラブルになってしまった場合は、直接言い合うのではなく、管理会社を通して伝えると安心です。

狙っている賃貸住宅の下調べをする方法

狙っている賃貸住宅の下調べをする方法 インターネットの賃貸情報サイトで希望の物件を見つけることも最近では多いです。
気に入れば内見をして契約することになりますが、その前にインターネットを利用しておおまかに下調べしてみましょう。

たとえば、通勤や通学の際、最寄り駅からどんなルートを通って行き来するのかを調べるには、グーグルマップなどで航空写真を見てどの道が広く安全そうなのか、途中にどんな雰囲気の店舗があるのかを確認できます。

また、希望の賃貸物件の外観もストリートビューを使い、実際に目の前に立っているかのように、詳しく見ることができます。ただし、大きめの通りに面していないと見られない場合もありますが。

周囲の相場の家賃よりも明らかに安すぎると思えば、過去に事故や事件があったいわくつきの物件ではないかを「大島てる」のサイトで確認して、事故物件を避けられます。

賃貸住宅は2年間ごとの契約が多いため、あらかじめ自分でできる限り下調べしておくと後悔せずに住めます。

新着情報

◎2018/6/1

基準を設けることが必要
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

無職で働いているふりはNG
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

賃貸物件の騒音トラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/4

入居審査に落ちる理由
の情報を更新しました。

◎2017/9/4

入居審査について
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイト公開しました

「賃貸 騒音」
に関連するツイート
Twitter