◆賃貸選びに参考にしたいポイントをまとめました

賃貸の入居審査について

賃貸の入居審査について 賃貸の部屋を探していて、意中の物件を見つければ、そこに申し込みをいたします。
すると、入居審査が行われます。
このとき、どんな審査が行われるのでしょうか。
入居審査で見るのは、申込者に対して部屋を貸しても大丈夫か、という点に尽きます。
その判断のために、審査を行っています。
賃貸物件のオーナーにしてみれば、家賃を滞納されたり、部屋を汚されたり、はたまた、近隣の人とトラブルを起こされるという事態は、極力避けたいものです。
ですから、入居したいとの申し込みがあったときに、その人がどんな人かを審査いたします。
家賃はちゃんと滞りなく支払えるか、規則をしっかりとまもってくれるかなどを審査して、大丈夫だと判断すれば、賃貸契約を結ぶ運びとなります。
この審査を通過しなければ、申込者としても、自分が希望する部屋に入居できません。
それほど重要な位置づけにあります。
入居審査を受けるためには、一般的には源泉徴収票などの収入を照明するもの、印鑑証明、連帯保証人の収入証明、印鑑証明、同意書などが必要となってきます。

賃貸物件の家賃によって基準は変わる

賃貸物件の家賃によって基準は変わる 賃貸物件に契約するには、連帯保証人が必要です。
連帯保証人は、賃貸契約を交わしてその物件の借り手となる本人と同等の重い責任を負う保証人です。
借り手が果たすべき義務や責任の代表は、家賃の支払いと退去時の室内のクリーニングやリフォームです。
もしも借り手本人が家賃を延滞してしまったら、連帯保証人になっている人は不動産会社や大家さんの請求に応じて未納家賃を納入することになります。
また借り手本人の所在不明といった事態では、連帯保証人が代わって荷物を引き取って室内の修繕費用などを負担する責任があります。
こうした重い義務や責任を負うので、連帯保証人は親など近い親族に依頼する人が多く、また不動産会社や大家さんからも連帯保証人は親族限定の条件が付けられているのが一般的です。
しかし、親が高齢や年金生活者といった事情により連帯保証人を依頼できないケースもあります。
こうしたケースでは、保証会社の連帯保証人の代行サービスを利用する方法もあります。
連帯保証人の代行サービスは保証会社に保証料を支払うことで利用でき、保証料がいくらになるかは該当の賃貸物件の家賃が基準になっています。

新着情報

◎2018/6/1

基準を設けることが必要
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

無職で働いているふりはNG
の情報を更新しました。

◎2018/2/6

賃貸物件の騒音トラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/4

入居審査に落ちる理由
の情報を更新しました。

◎2017/9/4

入居審査について
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイト公開しました

「入居 審査」
に関連するツイート
Twitter